私が家庭菜園を始めたきっかけ

庭がなくてもできるコンテナの家庭菜園

私が家庭菜園を始めたきっかけ 家庭菜園というと広い庭があって、日当たりがサンサンとしていないと無理だと考える方がいますが実はそうではありません。こうした野菜作り、ハーブ作りは庭がなくてもベランダなどでもできるものなのです。その理由はコンテナです。大型の植木鉢とも言えるコンテナは最近ではさまざまな種類があり、ベランダでも野菜作りができる工夫がされているのです。一般的に野菜をつくりには深く根を張るため深めのコンテナが必要です。もっとも深く根を張るオクラなどで60センチほどの深さが必要ですが、トマトやキュウリなどの野菜なら、それほど深くなくても十分育てることができるのです。大事なことは土作りです。赤玉土や牛糞などを混ぜて自分で土作りをするのも良いですが、市販の野菜用の土なら最初から必要な成分が混ざっていて手軽に使えます。

日光は一日中あたっている必要はありません。できれば朝の光が当たると良いので、東南向きのベランダなら野菜作りに向いていると言えるでしょう。朝の光は野菜を成長させる光線が含まれているからです。ベランダは乾燥し易い環境なので土が乾いたら水をやって根が乾かないように注意するなどすれば、収穫の喜びを味わうことができます。

Copyright (C)2019私が家庭菜園を始めたきっかけ.All rights reserved.